キマRoom!

お知らせ


2020/01/27
リリース

「GMO電子契約サービスAgree」と「キマRoom! Connect」がAPI連携を開始


〜以下プレスリリースより抜粋〜
GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド)と、株式会社セイルボート(代表取締役社長:西野 量 以下、セイルボート)は、本日2020年1月27日(月)より、契約の締結から管理までをクラウド上で実現する電子契約サービス「GMO電子契約サービスAgree(以下、GMO電子契約Agree)」(GMOクラウド提供)と、不動産関連事業者間のシームレスなデータ連携を実現するAPI「キマRoom(ルーム)! Connect(コネクト)」(セイルボート提供)の連携を開始いたしました。

この度の連携により、セイルボートが提供する不動産業務の電子プラットフォーム「キマRoom! Sign」(※1)を利用する不動産会社や電子契約サービスを自社で構築検討している大手不動産会社、ならびに不動産周辺会社は「キマRoom! Connect」を介して「GMO電子契約サービスAgree」の電子署名機能を利用できるようになります。

(※1)「キマRoom! Sign」は、セイルボートが提供する不動産賃貸契約業務の負担を大幅に軽減する電子プラットフォームです。入居申込・重要事項説明・賃貸借契約の一連の不動産業務を電子的にワンストップでサービス提供(電子申込・IT重説・電子契約)し、不動産会社の圧倒的な生産性向上を実現します。全国の大手管理仲介会社を中心に導入が進んでいます。

プレスリリース
Press Release(PDF 1249KB)
一覧に戻る