キマRoom!

お知らせ


2016/08/30
メディア

全国賃貸住宅新聞(2016/8/29)に掲載されました


全国賃貸住宅新聞(2016年8月29日号)で、利用可能エリアの拡大について紹介されました。
20160829_全国賃貸住宅新聞

利用可能エリアを大幅拡大

5年間で800社の導入実績 セイルボート

『キマRoom!』を運営するセイルボート(広島市)は、同サービスの利用可能エリアを拡大する。従来の首都圏・関西圏の10都府県に追加し、北海道・宮城・愛知・滋賀・奈良・和歌山・福岡の各エリアにも対応させる。

同サービスは、募集図面のメール配信やポータルサイトへのコンバート機能などのアナログな業者間流通のデジタル化に特化し、賃貸業務の負担軽減と募集物件の露出最大化を行うクラウドシステム。事業規模や仲介管理などの業態にかかわらず、さまざまな不動産会社が利用している。サービス利用料は、店舗ごとに初期費用3万円、月額利用料1万円。初期ID数は5台分(利用可能PC台数)で、IDを追加する際は一つのIDごとに月額1000円(いずれも税別)。

サービス開始からの5年間で約800社が導入しているという。「現在、全国17都道府県のみの対応だが、今後問い合わせがあったエリアに、随時対応エリアを拡大していく。早期に全国対応を目指す」(西野社長)


一覧に戻る